上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほぼ 1ヶ月前のことになりますが・・・

以前に少し触れた てんの入院、通院についてのことを
書いておきたいと思います。


2月27日の夜
嘔吐 → 病院へ 夜間救急でみていただき注射、いったん帰宅
体重 4.82キロ


2月28日
夜、そして早朝にも嘔吐あり 朝一番で 再度病院へ。
レントゲン撮影 なにか影らしきもの?が写っているような・・・
異物を飲み込んでいるのではないか?との診断。
血液検査の結果は異常なし


もし異物を飲み込んでいるならば
どこかでつかえていないかを確認するために
次はバリウムを飲ませて 時間経過とともに レントゲン撮影をおこなうので
そのまま病院へ 預けていくことに
夕方 また 診断を聞きに病院へ。


心配で心配で おろおろするばかりでしたが
病院の先生からの電話では、てんはとってもいいこにしていて
もう嘔吐もなく 落ち着いているとのこと。


夕方、一度説明を聞きに 病院へ行くものの
この時点で 病院で様子を見たほうがいいとの判断になり
入院させることになりました


てんは 2007年7月4日(1歳11ヶ月)に
避妊手術をしたとき以来の 入院です・・・
ペットホテル等に預けたこともなく、とっても不安・・・

私も心配で 眠れぬ夜を 過ごしました。



翌日 3月1日
病院での様子を電話で聞くと
他の子に吠えたりもせず とってもおとなしく 床暖の上でくつろいで眠っているそう。
病院のスタッフさんたちにも かわいがってもらっているらしく・・・

甘くておいしいお薬も もっともっと!と欲しがるほど、
処方食は ペロリと食べるくらい 食欲もあるそう。

この日は 病院が休診日のため、静かな病院に私が行って
落ち着いて過ごしているてんを刺激してしまったら よけいかわいそうなので
ということで 私は自宅待機でガマン・・・
心配のあまり電話口で泣き出す困った飼い主に
やさしく対処してくださった当直の女医先生、ありがとうございます・・・


異物を ウンチから出るようにと 少し外に出してくださったみたいですが
場所が変わると あまりトイレをしたがらない デリケートな子なので
病院では なかなかウンチをせず・・・という状況だそう。



3月2日
なかなかウンチをしないので まだ胃に異物があるのかもという診断で
内視鏡(胃カメラ)検査をすることに。

だたし、内視鏡には 全身麻酔。。。
苦渋の決断でしたが、お願いしました。


その前に 面会を許可されたのですが・・・


s-IMG_2747てんの入院面会1

てんちゃーーーん



s-IMG_2748てんの入院面会2

私を見て 興奮してしまったてんと 泣き出す私を
ちょっぴり苦笑いで 撮影してくださった 担当医。。。
すみません・・・ 


だって 置いていかれちゃったって思ってたらと思うと
かわいそうでかわいそうで


このあと 内視鏡で 胃をみていただいたのですが
胃の中には 特に異物はありませんでした。
ただ 胃壁が 相当荒れているということでした。



3月3日
入院してから まだ1度もウンチをしていない
ただ、嘔吐もないので 夕方には退院しても良いとの連絡

パパさんに急いで帰ってきてもらい、駅で待ち合わせて病院へ。
一緒に 先生からの説明を聞き、退院してきました。


処方食(スペシフィックCRW)を4分の3ずつ、薬とともに。



3月5日
ウンチを回収しておき、病院で検査。
この日までのウンチからは 特に異常はナシ

てん、体重4.66キロ



<続く>









ブログランキングに参加中です
1日1回1クリック よろしくお願いいたしますアップロードファイル

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

本日もありがとうございましたBrilliant.


Secret

Copyright ©チビパグてんとルンルンるなのごきげんだより All Rights Reserved.
material by *Design Labo* template byテンプレート配布 lemon lime
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。